2016年12月02日

二世帯住宅建物表題登記、足立区/葛飾区/江戸川区/板橋区/豊島区/北区/荒川区/練馬区/千代田区/中央区/文京区/港区/台東区/墨田区/江東区/品川区/大田区/世田谷区/渋谷区/目黒区/新宿区/中野区/杉並区





二世帯住宅建物表題登記
建物表題登記図面作成(建物表示登記)建物図面・各階平面図作成代行、建物図面・各階平面図記載例・サンプル・作成方法・用紙、新築登記図面作成、土地家屋調査士がスピード(早い)格安(安い)手続き。
建物表題登記(建物表示登記)手続センター
(新築による建物表題登記・建物表示登記)
(お問い合わせ)http://tatemonotouki.client.jp/3.html
お見積もりについても、お気軽にご連絡下さい。TEL:03-3850-8404
建物登記手続センター(建物表題登記・建物滅失登記)
http://tatemonotouki.blog.shinobi.jp/
http://sintiku.blog.shinobi.jp/
http://mitouki.blog.shinobi.jp/
http://minaosi.blog.shinobi.jp/
未登記家屋(建物)表題登記手続センター
http://mitouki.blog.shinobi.jp/
新築住宅(建物・家屋)のための、建物表題登記手続センター
http://sintiku.blog.shinobi.jp/
建物を新築した場合 →建物表題(表示)登記
建物を増築や一部取壊した場合 →建物表題部変更登記
建物を取壊した場合 →建物滅失登記
建物表題登記サイト①http://tatemonotouki.client.jp/
建物表題登記サイト②http://tatemonotouki.client.jp/2.html
建物表題登記サイト③http://tatemonotouki.client.jp/3.html
建物登記サイトhttp://tatemonotouki.client.jp/4.html
建物表題登記(建物表示登記)手続センターhttp://tatemonotouki.client.jp/
TEL:03-3850-8404

建物表題登記図面作成代行
建物図面・各階平面図書き方
建物図面・各階平面図用紙
建物図面・各階平面図記載例
建物図面・各階平面図作成代行
建物図面・各階平面図サンプル
建物表題登記申請書
建物表題登記必要書類
建物表題登記費用
建物表題登記自分で申請
建物表題登記図面
建物表題登記申請方法
建物表題登記図面作成
建物表題登記図面用紙
建物表題登記図面描き方
建物表題登記 建物図面・各階平面図
手書き図面のCAD化作業
建物図面作成費用
建物図面作成フリーソフト
足立区/葛飾区/江戸川区/板橋区/豊島区/北区/荒川区/練馬区/千代田区/中央区/文京区/港区/台東区/墨田区/江東区/品川区/大田区/世田谷区/渋谷区/目黒区/新宿区/中野区/杉並区/八潮市/草加市/三郷市/越谷市/戸田市/蕨市/川口市
posted by 足立区:石川土地家屋調査士・行政書士・海事代理士事務所 at 11:02| Comment(0) | 足立区:建物表題登記(建物表示登記)手続センター | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

土地測量・登記手続センター:東京都足立区の土地家屋調査士です。


土日・祝祭日も営業しております。
(来所・電話・メール・FAXにて対応。)


はじめまして、こんにちは土地測量・登記手続センター
「土地測量・登記ナビゲーター」土地家屋調査士の石川温彦と申します。
皆さまの大切な財産である不動産(土地や建物)のうち、こちらでは「土地測量・登記」をスムーズにお手続させて頂くための、専用サイトになります。


事前調査                    28,000円~
※下記業務をご依頼いただいた場合は、報酬額に充当させて頂ます。
土地境界確定測量              350,000円~
境界復元測量                 180,000円~
現況測量                     98,000円~
土地分筆登記                 450,000円~
土地合筆登記                  65,000円~
土地地目変更登記               45,000円~
土地地積更正登記              400,000円~

土地家屋調査士試験の受験勉強時代には、模試で数度『全国一位』をとり、「社団法人 全国産業人能力開発団体連合会」から表彰されました。

現在は受験指導専門校において、後学者の方たちへの学習・答案添削指導も行っております。



また、当事務所では多くの土地家屋調査士とも連携し、様々な「登記手続業務」及び「地域」に対応しておりますので、ご相談をいただいたお客様のニーズに合わせた最適な土地家屋調査士をご紹介する事も可能です。
(※姉妹サイト:建物登記手続センター

各種の事案による土地測量・登記手続のご相談・お問合せお待ちしておりますのでお気軽にご連絡下さい!


土地家屋調査士は、昭和25年7月31日法律第228号「土地家屋調査士法」により創設された国家資格です。不動産の登記制度において、土地や建物を詳細に調査することで各種の権利の目的物を明確にする役目を担っています。
「不動産登記法」の目的は、国家が不動産取引の安全を保証し、誰もが安心して取引できるようにすることです。その基礎となる部分で、「土地家屋調査士」は不動産の「表示に関する登記」、また、土地の境界に関する調査・測量のプロフェッショナルとして、皆さんの財産である「土地」・「建物」をサポートしています。

【不動産登記について】
「不動産登記」は大きく分けて二つの種類があります。
一つは「表示に関する登記」。もう一つは「権利に関する登記」です。
「表示に関する登記」は、不動産(土地・建物)の物理的な状況、例えば土地であれば、どこにどれ位の広さで、どのように利用されている土地があるのかを明確にするための登記であり、「土地家屋調査士」がこれを扱います。
「権利に関する登記」は、不動産(土地・建物)に関する各種権利、例えば所有権、抵当権、地上権などの保存、設定、移転、変更、処分の制限又は、消滅を公示するための登記です。同じ登記ですが、こちらは「司法書士」がこれを扱います。(当事務所で提携している司法書士がおりますので、ご紹介させて頂く事も可能です。)
このように、同じ不動産登記でも、「表示に関する登記」と、「権利に関する登記」では別々の資格者が取り扱います。
そして、土地家屋調査士が扱う「表示に関する登記」は、さらに「土地に関する登記」と、「建物に関する登記」に分かれます。







■主な業務エリア
東京都
足立区、葛飾区、江戸川区、板橋区、豊島区、北区、荒川区、練馬区、千代田区、中央区、文京区、港区、台東区、墨田区、江東区、品川区、大田区、世田谷区、渋谷区、目黒区、新宿区、中野区、杉並区、八王子市、日野市、多摩市、稲城市、町田市、立川市、昭島市、武蔵村山市、東大和市、青梅市、あきる野市、五日市、福生市、羽村市、府中市、小金井市、国分寺市、国立市、調布市、狛江市、武蔵野市、三鷹市、小平市、東村山市、西東京市、清瀬市、東久留米市

埼玉県
八潮市、草加市、三郷市、越谷市、春日部市、戸田市、蕨市、川口市、鳩ヶ谷市、志木市、朝霞市、和光市、新座市、富士見市、上尾市、桶川市、久喜市、幸手市、北葛飾郡、加須市、羽生市、吉川市、蓮田市、川越市、ふじみ野市、入間郡、坂戸市、鶴ヶ島市、比企郡、所沢市、狭山市、入間市、飯能市、日高市、熊谷市、大里郡、本庄市、児玉郡、東松山市、秩父市、鴻巣市、北本市、北足立郡、北埼玉郡、さいたま市大宮区、さいたま市中央区、さいたま市浦和区、さいたま市桜区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市見沼区、さいたま市岩槻区

千葉県
松戸市、流山市、柏市、八街市、四街道市、千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市美浜区、千葉市花見川区、千葉市緑区、千葉市若葉区、野田市、我孫子市、船橋市、八千代市、市川市、習志野市、鎌ヶ谷市、浦安市、市原市、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、鴨川市、君津市、富津市、袖ヶ浦市、印西市、白井市、冨里市、南房総市、匝差市、香取市、山武市、いすみ市、印旛郡、香取郡、山武郡、長生郡、夷隅郡、安房郡

栃木県(下都賀郡)
壬生町、野木町、太平町、藤岡町、岩舟町、都賀町

茨城県
水戸市、日立市、土浦市、古河市


主な業務路線駅名
東京、有楽町、新橋、浜松町、田町、品川、大崎、五反田、目黒、恵比寿、渋谷、原宿、代々木、新宿、新大久保、高田馬場、目白、池袋、大塚、巣鴨、駒込、田端、西日暮里、日暮里、鶯谷、上野、御徒町、秋葉原、神田、秋葉原、新御徒町、浅草、南千住、北千住、青井、六町、八潮、三郷中央、南流山、流山セントラルパーク、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、柏たなか、守谷、みらい平、みどりの、万博記念公園、研究学園、つくば、浅草、業平橋、曳舟、東向島、鐘ヶ淵、堀切、牛田、押上、北千住、小菅、五反野、梅島、西新井、竹ノ塚、谷塚、草加、松原団地、新田、蒲生、新越谷、越谷、北越谷、大袋、せんげん台、武里、一ノ割、春日部、北春日部、姫宮、東武動物公園、和戸、久喜、鷲宮、花崎、加須、南羽生、羽生、川俣、茂林寺前、館林、多々良、県、福居、東武和泉、足利市、野州山辺、韮川、太田、細谷、木崎、世良田、境町、剛志、新伊勢崎、伊勢崎 

■書類作成については全国対応させていただいております。
北海道、青森、岩手宮城、秋田、山形、福島、東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市)、神奈川、埼玉、千葉(松戸市 市川市 船橋市 鎌ヶ谷市 千葉市 柏市)、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本(熊本市、合志市、玉名市、荒尾市、人吉市)、大分、宮崎、鹿児島、沖縄




【検索ワード】
土地測量・土地境界確定測量・土地境界復元測量・境界不明・境界標亡失・法務局・地積測量図・公図・土地登記事項証明書・隣接地境界不明・隣接地境界復元・境界杭設置・境界票設置・境界標設置・境界確認・境界確認書・境界確認書作成・境界立会い・土地現況測量・土地現況測量図・土地境界確定図・土地境界確定測量図・建築確認配置図・土地分筆登記・土地地積更正登記・土地地目変更登記・農地転用・農地転用届出・農地転用許可・農転・土地合筆登記・実測売買・官民境界・民民境界・境界明示・境界杭明示・境界標明示・足立区土地測量・葛飾区土地測量・江戸川区土地測量・板橋区土地測量・豊島区土地測量・北区土地測量・荒川区土地測量・練馬区土地測量・千代田区土地測量・中央区土地測量・文京区土地測量・港区土地測量・台東区土地測量・墨田区土地測量・江東区土地測量・品川区土地測量・大田区土地測量・世田谷区土地測量・渋谷区土地測量・目黒区土地測量・新宿区土地測量・中野区土地測量・杉並区土地測量・八王子市土地測量・日野市土地測量・多摩市土地測量・稲城市土地測量・町田市土地測量・立川市土地測量・昭島市土地測量・武蔵村山市土地測量・東大和市土地測量・青梅市土地測量・あきる野市土地測量・五日市土地測量・福生市土地測量・羽村市土地測量・府中市土地測量・小金井市土地測量・国分寺市土地測量・国立市土地測量・調布市土地測量・狛江市土地測量・武蔵野市土地測量・三鷹市土地測量・小平市土地測量・東村山市土地測量・西東京市土地測量・清瀬市土地測量・東久留米市土地測量・八潮市土地測量・草加市土地測量・三郷市土地測量・越谷市土地測量・春日部市土地測量・戸田市土地測量・蕨市土地測量・川口市土地測量・鳩ヶ谷市土地測量・志木市土地測量・朝霞市土地測量・和光市土地測量・新座市土地測量・富士見市土地測量・上尾市土地測量・桶川市土地測量・久喜市土地測量・幸手市土地測量・北葛飾郡土地測量・加須市土地測量・羽生市土地測量・吉川市土地測量・蓮田市土地測量・川越市土地測量・ふじみ野市土地測量・入間郡土地測量・坂戸市土地測量・鶴ヶ島市土地測量・比企郡土地測量・所沢市土地測量・狭山市土地測量・入間市土地測量・飯能市土地測量・日高市土地測量・熊谷市土地測量・大里郡土地測量・本庄市土地測量・児玉郡土地測量・東松山市土地測量・秩父市土地測量・鴻巣市土地測量・北本市土地測量・北足立郡土地測量・北埼玉郡土地測量・さいたま市大宮区土地測量・さいたま市中央区土地測量・さいたま市浦和区土地測量・さいたま市桜区土地測量・さいたま市南区土地測量・さいたま市緑区土地測量・さいたま市西区土地測量・さいたま市北区土地測量・さいたま市見沼区土地測量・さいたま市岩槻区土地測量


石川土地家屋調査士・行政書士事務所【主な業務内容】
●建物建築に関する敷地調査業務 ●建物表題登記(新築) ●建物表題変更登記(増築等) ●建物滅失登記(取壊) ●建物分割登記、合併登記等 ●未登記建物等に関する法的調査業務 ●不動産登記 ●官公署提出の各種許可申請書における添付図面作成 ●各種図面調査●土地の地目変更登記、地積更正登記 ●現況測量
●相談業務 ●建設業許可申請 ●宅地建物取引業免許申請 ●会社設立 ●内容証明書 ●契約書 ●飲食店営業許可申請 ●離婚協議書作成 ●遺言書作成 ●その他各種書類作成 ●一般貨物自動車運送事業許可 ●車庫証明 ●古物商許可
posted by 足立区:石川土地家屋調査士・行政書士・海事代理士事務所 at 11:22| Comment(0) | 足立区:土地測量・登記手続センター | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

足立区42条2項道路、足立区道路後退測量、足立区セットバック測量、足立区細街路測量、足立区細街路セットバック測量、土地家屋調査士と行政書士が道路後退(セットバック)

足立区42条2項道路、足立区道路後退測量、足立区セットバック測量、足立区細街路測量、足立区細街路セットバック測量、土地家屋調査士と行政書士が道路後退(セットバック)お手続き・測量をお手伝い致します!



足立区42条2項道路、足立区道路後退測量、足立区セットバック測量、足立区細街路測量、足立区細街路セットバック測量、土地家屋調査士と行政書士が道路後退(セットバック)お手続き・測量をお手伝い致します!

土地測量に関わるお問い合わせは、お電話ですと聞き間違い等によるトラブルの原因になる場合がありますので、必ず下記お問い合わせフォームにて、ご連絡下さいますよう、お願い致します!

お問合せフォーム①
http://form1.fc2.com/form/?id=238190
お問合せフォーム②
http://www.omisejiman.net/ishikawajimusyo/contact.html

また、お見積りにつきましては、実際の現地状況や管轄役所および法務局調査を行わないと、正確なお見積りを作成することが出来ません。
これらの調査前での、お見積りにつきましては『ざっくり』と『幅を持たせた』ものになります事を、ご了承ください。

関連サイト
https://youtu.be/sJyoSMlj7-o
https://youtu.be/4iTamrangG8
https://youtu.be/O76-9dMKyRc

一般には、狭い道でも日常生活上は「道路」と呼んでいますが、建築基準法では幅が4m以上ないと「道路」とは認められません。ただし、建築基準法が制定される前から幅4m以下の道路は存在したため、幅が4m未満でも、行政から指定を受けた場合には「道路」とみなす例外規定があります。こういった道は建築基準法第42条第2項で規定されていることから「二項道路」と呼ばれています。
二項道路に接している敷地に建物を建てる場合には制限があります。
具体的には、二項道路に接している敷地に建物を建てる場合には道路からの「セットバック」が必要になり、これには状況に応じて二つのケースがあります。
まず第一は、道路の反対側が宅地の場合。道路の中心線から2mセットバック(後退)する必要があります。
第二は、道路の反対側が崖、川、線路等の場合。道路の端から4mセットバック(後退)しなければなりません。
土地を買うときには、接している道路の幅員が4m以上あるかどうかを確認しないと、思わぬ建築制限がかかり、使える敷地が狭くなることも! 最悪の場合、建物の建設計画を見直さなくてはならない事態に陥りかねません。 気づいたときにはもう遅い……なんてことにならないように、最初にしっかり確認しておきましょう。


お問合せフォーム①
http://form1.fc2.com/form/?id=238190
お問合せフォーム②
http://www.omisejiman.net/ishikawajimusyo/contact.html

足立区セットバック測量
足立区土地後退測量
足立区測量助成金
足立区42条2項道路
足立区道路後退測量
足立区細街路測量
足立区細街路セットバック
足立区測量
足立区土地測量
足立区境界確認測量
足立区土地家屋調査士
足立区行政書士